上着を羽織る男性

初めて採用面接を行いました

笑顔の女性

私はまだ起業して2年目なのですが、事業を拡大しようと思い、先日から初めて当社でアルバイトと正社員の求人を行ってみました。初めての求人で、本当に集まってくれるのかなと言う心配はあったものの、WEBの媒体と雑誌媒体へ費用をかけて掲載したこともあってか、予想を上回る募集がきました。なんと、終わった後に数えた所、アルバイトと社員の応募を合わせて300件もの応募をいただきました。少し時給や給料を高く設定しすぎたかなと焦ってしまいましたが、実際にその通りで、面接まで来てくれた人はみんな一番に給与体系の良さを褒めてくれました。そうなるとやはり私も目をキツくして審査しなくてはなりません。実際に300件の応募のうち、面接まで来てくれたのは100人前後でした。初めての採用面接でしたが、本当に世の中には面白い人が多いなと感じました。年齢だけ見ても上は62歳から下は16歳、さらに性別も男性女性以外の方も来られました。私はどれだけ仕事ができるかというところだけ意識しているので、もちろんそういった差別や国籍など関係なく、みなさんの目を見て真剣に面接を行いました。その結果、100人の面接の中から10人の新人を採用することにしました。彼らは今回の求人の採用費用を取り返してくれる働きをするということを願って、今後も一緒に事業を拡大していってくれればと思います。

トピックス